更年期の薄毛対策について

更年期になると薄毛になる女性は多いです。これは更年期による女性ホルモンのバランスが乱れと関係があります。年齢と共に女性ホルモンが減少してくると、頭皮の血行が悪くなり、髪の毛を作る毛母細胞の働きは弱くなってしまいます。更年期の抜け毛、薄毛対策として、
1)イソフラボンを摂る
大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。豆乳や豆腐、きな粉などに豊富に含まれています。意識して大豆製品を食べることで女性ホルモンが分泌されやすくなります。

 

2)ストレスを溜めない
ストレスは女性ホルモンの乱れを引き起こします。さらに自律神経に影響して血行が悪くなってしまいます。しっかり睡眠をり生活習慣を整えることが大切です。また1人の時間、他の人と話す時間などをバランス良く持つこともストレス解消には非常に大切です。

 

3)食事
栄養バランスのとれた食事は髪の毛の成長に欠かせません。髪の毛は体に栄養分が行き渡った後、最後の余った栄養素からで着ています。薄毛対策として意識して食べたいのは、
・タンパク質
髪の毛はタンパク質からできています。タンパク質には動物性タンパク質と植物性タンパク質があります。肉、魚、玉子、大豆などをバランスよく食べる事が薄毛対策には大事です。ただ動物性タンパク質はとりすぎに注意です。血液ドロドロの原因になります。
・ビタミン郡
ビタミンB郡は新陳代謝を促進し、皮脂を分泌する働きがあります。レバーや大豆、青魚、バナナなどに豊富にふくまれています。他に血行を促進するビタミンEを含んだナッツ、ごま、いわし、たらこなども食べたいところです。

 

4)血行を促進
頭皮の血行を促進して栄養を毛母細胞に届けることが薄毛対策には欠かせません。血行促進には有酸素運動がおすすめです。さらに効果的に頭皮の血行を促進するには育毛剤の使用が最適です。育毛剤に含まれる有効成分が頭皮の血流を良くします。

 

 

更年期におすすめの育毛剤 花蘭咲

女性用の育毛剤の育毛剤として人気なのが花蘭咲です。花蘭咲には「エビネエキス」を配合しています。エビネエキスは頭皮の血行を促進する成分を配合しています。さらにエビネエキスは頭皮の皮脂に発生する細菌を抑制してフケやかゆみを防止してくれます。

 

花蘭咲には10種類の天然植物エキスも配合。頭皮を保湿する柚子やトウキをはじめ頭皮の炎症防止、フケ防止の作用がある植物エキスを配合。頭皮に刺激を与える鉱物油や香料などは使っていないので頭皮が敏感な方でも安心して使用できます。

 

価格 5,040円 送料540円
返金保証 45日間返金保証付き
成分 エビネエキス、センブリエキス、ニコチン酸アミドなど

 

更年期の薄毛に育毛剤「花蘭咲」を勧める3つの理由

 

頭皮の血行を促進

抜け毛、薄毛対策には「毛母細胞の活性化」が大切です。その為には栄養補給と血行促進が欠かせません。育毛剤に含まれる「エビネエキス」「センブリエキス」をはじめ有効成分が頭皮の血行を促進します。 血行が促進すると栄養分が毛乳頭に届き、毛母細胞のはたらき活発になり髪の毛は成長します。

 

炎症を防止して頭皮ケア

育毛剤には頭皮の炎症を抑える働きがあります。食の欧米化に伴い脂分の多い食事が増えたため、皮脂が増えやすくなっています。頭皮の皮脂が増えると炎症ができやすくなります。育毛剤に入っている有効成分「グリチルリチン酸」を始めとする抗菌成分で細菌の繁殖を抑え、抜け毛を予防します。

 

地肌を保湿して抜け毛予防

年齢と共に乾燥しやすくなりますが、それは頭皮も同じです。頭皮が硬くなってしまうと髪の毛の成長力は落ちてきます。頭皮が乾燥するとフケやかゆみも発生しやすくなります。育毛剤には保湿を促す植物エキスが配合されています。地肌をしっかり保湿することで髪が成長しやすい頭皮になります。

 

 

女性ホルモンと薄毛対策

女性ホルモン(エストロゲン)は女性らしい体を作るだけでなく、髪の毛にも非常に大きな影響があります。加齢やストレスによって女性ホルモンのバランスが乱れると髪の毛は細くなり、抜け毛が増えてきます。女性ホルモンの減少を止めることは難しいですが、できるだけ抑制する方法を紹介します。
1)イソフラボン
イソフラボンは女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きをします。イソフラボンは大豆に豊富に含まれています。納豆、豆乳、豆腐、きな粉などに豊富にふくまれています。

 

2)アロマ
アロマオイルには肌から吸収されるマッサージと香りによって刺激するアロマポット(アロマ加湿器)があります。ホルモンバランスを整えるならアロマ加湿器がおすすめです。アロマの香りはリラックス効果があり、免疫を整えてくれます。
その他にはフェンネルのハーブティなども女性ホルモンを活発にする働きがあります。意識的に取り入れることで女性ホルモンが整い、抜け毛を改善していくことが可能です。

 

 

女性ホルモンと血行促進

薄毛、抜け毛対策で大切なのが「血行促進」です。頭皮の血流が良くなると栄養分が毛乳頭にとどき、毛母細胞が活性化します。血行促進の方法としては、
1)食事
青魚に含まれるDHA,EPAは血中コレステロールを抑制して血液の循環を改善します。納豆に含まれるナットウキナーゼは血栓ができるのを防止します。野菜に含まれる食物繊維も血糖値を抑えてドロドロ血液を改善してくれます。

 

2)有酸素運動
ウォーキング、ジョギングなどの運動は心肺力が上がり,血行がよくなります。仕事をしていると難しいとは思いますが、時間があれば取り入れたい方法です。

 

3)頭皮マッサージ
頭皮マッサージは指の腹で行います。間違って爪で頭皮を傷つけると逆効果です。側頭部に指の腹を当ててゆっくり押し上げるマッサージを繰り返します。他には指の腹全体で頭皮全体を軽く叩くようにします。そうすることで血行はよくなります。

 

4)育毛剤
育毛剤は有効成分でダイレクトに頭皮の血行を促進します。頭皮が薄くなり始めたら取り入れたいのが育毛剤です。有効成分としてセンブリエキス、ニコチン酸アミド、エビネエキスなどが有名です。

 

 

薄毛に悩む女性におすすめの育毛対策

薄毛に悩む女性はかなり増えています。その数、なんと600万人以上!
男性ばかりがクローズアップされがちな薄毛問題ですが、女性でもかなり悩んでいるのが現状です。最近では女性用の育毛剤もかなり販売されています。

 

 

女性の薄毛の原因は様々です。ストレス、睡眠不足、運動不足、喫煙、過剰なダイエット、加齢、ホルモンバランスなどがあります。生活習慣、栄養のとれた食事は欠かせません。睡眠不足やストレスは血行不良の原因となります。血液の流れが悪くなると髪の毛の成長に必要な栄養分が毛母細胞まで届きません。

 

 

過度なダイエットなどによる栄養不足も薄毛の原因となります。髪の毛には原料となるタンパク質をはじめ、代謝を促進するビタミンB郡、ミネラルなどが欠かせません。タンパク質にはお肉に含まれる動物性タンパク質と大豆などに含まれる植物性たんぱく質があります。鶏のささみは魚の白身などは脂肪が少なく、良質のタンパク質が補給できます。タンパク質の代謝をサポートするビタミンB郡はレバーや卵、ミネラルは牡蠣やレバーに含まれています。

 

 

更年期における育毛剤は生活習慣、食生活を改善しながら使用します。いくら育毛剤を使用しても、体全体の血行が悪いと髪の毛は細くなります。育毛剤は頭皮の血流を重点的に改善することで毛髪の成長をサポートします。頭皮の血流が良くなると、栄養分が毛乳頭に届きやすくなり、髪の毛は成長します。

 

 

女性用育毛剤の種類は非常に沢山あります。最初はどれを選んでいいのか迷ってしまいます。今、女性向け育毛剤で人気なのが花蘭咲や無添加育毛剤「マイナチュレ」です。マイナチュレには育毛剤には珍しい90日間の返金保証がついています。まず育毛剤を試してみたいという方におすすめです。

 

 

薄毛対策の生活習慣

 

女性の薄毛対策に欠かせないのが血行促進です。30代までの女性の薄毛の多くはストレスや睡眠不足などによる血行不良が原因です。さらに、40代以降の女性ホルモンの減少にも血流改善は大切です。ここでは血行を促進する為に欠かせない事を紹介します。

 

 

●有酸素運動
血行を良くするために取り入れたいのが有酸素運動です。有酸素運動は心肺機能や新陳代謝が向上し、血流改善に効果があります。おすすめはウォーキングです。ウォーキングであれば通勤時間や買い物に行く時間などに取り入れやすい為です。ウォーキングする時は1日30分程度、背筋を伸ばして早歩きをするのが最も効果的です。

 

●食事
食事は血行促進の為には最も重要です。まず気をつけたいのが食べ過ぎです。食べ過ぎると消化が十分に出来ず、腸内環境が悪くなります。その結果、毒素が増えて血液がドロドロになってしまいます。年齢とともに消化酵素も減少するので、動物性タンパク質や糖質の摂り過ぎに注意が必要です。血行促進におすすめの栄養素は不飽和脂肪酸、食物繊維です。不飽和脂肪酸はイワシ、サバ、アジなどの青魚に豊富です。他にくるみにも含まれています。食物繊維はきのこ類、イモ類、緑黄色野菜、青汁などから取るのがお勧めです。

 

●ストレス、睡眠
ストレスは自律神経の乱れや血流の悪化を招きます。短期的なストレスは問題ありませんが、長期にわたるストレスは体にいいコトが全くありません。ストレス解消にしっかりと睡眠を取ることが最も大切です。最低でも6時間は睡眠時間を確保することがおすすめです。その他、しっかりと休息したり、趣味などでリフレッシュすることがおすすめです。

 

●喫煙
たばこに含まれるニコチンには血管を収縮する作用があります。さらに毛母細胞を始めとする体の細胞にダメージを与える活性酸素も発生します。血流が悪くなることで栄養分や酸素が十分に届かなくなり、髪の毛のハリやコシがなくなり、髪は細くなってきます。さらに活性酸素により細胞のダメージを受けると、髪の毛の成長力も弱くなります。薄毛、抜け毛の事を考えると禁煙する事をおすすめします。

更新履歴